病院のご案内

チーム医療

ICTラウンド

ICTラウンド

ICTとは感染対策チームです。院内で起こる様々な感染症から患者・家族・職員の安全を守るために、医師、感染管理認定看護師、看護師、薬剤師、臨床検査技師等、多職種のメンバーが専門的知識と経験を活かし、医療関連感染症対策をおこなっています。抗菌薬の使用状況、手指消毒剤の使用状況、医療廃棄物の分別、病室の環境などをチェックし、感染予防に取り組んでいます。

認知症・せん妄ケアラウンド

認知症ケアラウンド

医師、認知症看護認定看護師、薬剤師、作業療法士、MSWがチームを組み、患者さんの認知症の悪化を予防し、治療を円滑に受けられるようにサポートしています。入院することで環境が変化し、認知症状、行動・心理症状が出現する場合があります。このラウンドでは、病棟での認知症看護の実際を把握し、対応方法や薬剤等治療法を提案しています。

呼吸ケアラウンド

呼吸ケアラウンド

人工呼吸器を装着している患者さんについて、医師、看護師、呼吸療法士、臨床工学技士が、呼吸管理や口腔ケアの方法などをサポートしています。人工呼吸器のアラームに対する対処方法などもアドバイスし、重篤な合併症をおこすことないように、安全で安心な医療を提供しています。

褥瘡ケアラウンド

褥瘡ケアラウンド

「褥瘡をつくらない、悪化させない、早く治す」を目標に、形成外科医師と皮膚科医師、皮膚・排泄ケア認定看護師が活動しています。すべての入院患者の褥瘡リスクをアセスメントし、褥瘡予防活動として体の向きを整えるラウンドを実施しています。褥瘡や皮膚剥離発生した時は、病棟と褥瘡チームが連携をとり適切なケアを早期に実施しています。

NSTラウンド

「食は命の源」を合言葉に、医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、臨床検査技師、理学療法士、言語療法士がチームで患者に適した栄養を検討しています。また患者の「食べたい」という思いに応えるため、摂食嚥下機能評価を行い、安全に食事できるよう取り組んでいます。歯科医師と連携し、口腔ケアにも力を入れています。

緩和ケアラウンド

痛みやつらい症状を和らげ、希望される治療、生活ができるよう、医師、緩和ケア認定看護師、化学療法認定看護師、薬剤師、理学療法士等、多職種がサポートしています。外来通院中・入院中の患者さんと家族が少しでも不安を軽くし、「自分らしく」生きることを目指しています。