独立行政法人労働者健康安全機構 愛媛労災病院

Japan Council for Quality Health Care
日本医療機能評価機構認定病院
臨床研修指定病院・愛媛県がん診療連携推進病院

リハビリテーション科

トップページ » 診療科・部門紹介 » リハビリテーション科

  • リハビリテーション科
  • 中央リハビリテーション部

担当医表

時間帯

N也  i 

理念

勤労者と地域の人々に信頼されるリハビリテーション医療の提供を目指します

基本方針

  1. 急性期からの充実したリハビリテーションを行います
  2. 患者様の立場に立ったリハビリテーションを行います
  3. 早期の社会復帰を目指したリハビリテーションを行います

診療の特色

昭和34年12月の理学療法棟開設以来、リハビリテーション医療提供の先駆者として活動を続けてきた豊富な実績のみならず、時代と共に変化する要請の変化 にも柔軟に対応しつつ、1日当たり延べ130名の入院患者様と、約40名の外来患者様にリハビリテーション医療を提供しています。
現在、NSTチームおよび緩和ケアチームの一員としての活動や、毎週土曜日に実施している休日リハ、自宅へ退院される患者様の療養環境整備への取組み、職業復帰を強力にサポートするために看護部と協業した職場訪問等々にも力を注いでいます。

診療内容

  • 骨・関節疾患
  • 手指障害(ハンドセラピー)
  • 脳血管疾患
  • 中枢神経疾患
  • 呼吸器疾患、開胸・開腹周術期の呼吸理学療法
  • 脊髄損傷、頚髄損傷

診療スタッフ

國司 善彦 氏名 國司 善彦
役職 リハビリテーション科部長
専門 整形外科一般、脊椎外科
学会等 日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会脊椎脊髄病医
日本整形外科学会運動器リハビリテーション医
日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医
日本医師会認定産業医
越智 康博 氏名 越智 康博
役職 第三整形外科部長
専門 関節外科、外傷一般
学会等 日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本整形外科学会認定リウマチ医
日本整形外科学会認定スポーツ医
日本職業・災害医学会
日本脊椎・脊髄病学会
関節外科学会

中央リハビリテーション部

理学療法部門

理学療法(PT)では、脳血管疾患、骨・関節疾患の発症(受傷)直後、手術直後から病棟(病室)での訓練を開始しています。また、開胸・開腹術を受けられ る患者様については、ほぼ全ての患者様に対して術前より訓練を開始しており、早期離床に向けて呼吸療法認定士が術後合併症の予防に努めています。労災患者 様に対しては職場を訪問し、職業復帰に向けて効果的な訓練が行われるよう取り組んでいます。
更に、生活習慣病予防では健診部と連携して個別運動指導に取り組んでいるとともに、糖尿病教育入院患者様に対して、愛媛糖尿病療養指導士の資格を有する担当者が、より専門的な個別運動指導を行っております。

PTスタッフ

部長 有馬聡

部長
有馬 聡

主任理学療法士 渡部浩二

主任理学療法士
渡部 浩二

理学療法士 堀内桂

主任理学療法士
堀内 桂

理学療法士 大久保勝朗

理学療法士
大久保 勝朗

理学療法士 百田巧

理学療法士
百田 巧

理学療法士 浅原紗季

理学療法士
浅原 紗季

理学療法士 高橋優也

理学療法士
高橋優也

運動器セラピスト 芝田優

運動器セラピスト
芝田 優

607.5㎡と十分な広さ、充実した機器を備えた運動療法室

607.5㎡と十分な広さ、充実した機器を備えた運動療法室

勤労者の職場復帰に向けた訓練環境スペース

勤労者の職場復帰に向けた訓練環境スペース

作業療法部門

作業療法(OT)では、様々な作業活動を用いて日常生活動作の獲得・作業能力の向上を目指し、発症・術後早期から退院後の外来リハまで幅広く対応しています。
中枢性疾患(脳卒中・脊髄損傷等)のみならず、手の外傷(骨折、腱・神経損傷等)に対するハンドセラピーや下肢外傷(人工関節術後等)・内部疾患に対する日常生活指導など多岐にわたり訓練を実施しております。
院外においては、在宅での療養環境調整(退院前訪問指導)や労災患者様の復職支援(職場復帰訪問指導)なども積極的に取り組んでおります。また、出前講座・振動病健診など地域社会への活動にも力を注いでいます。

OTスタッフ

主任作業療法士近藤 大輔

主任作業療法士
近藤 大輔

作業療法士小川 進太郎

作業療法士
小川 進太郎

作業療法士西原 常宏

作業療法士
西原 常宏

手工芸室

手工芸室

手指の筋力や巧緻性の改善を目指し、上肢機能の向上を目的とした作業活動を行っています。

大作業室

大作業室

ベッド周辺の基本動作や応用動作(更衣動作等)の練習を行っています。

ADL(日常生活活動)室

ADL(日常生活活動)室

トイレや入浴動作の練習を中心に行っています。

ワークシュミレーションブース

ワークシュミレーションブース

工具や電動機器などを実際に使用して、復職に向けたアプローチを行っています。

言語聴覚療法部門

言語聴覚療法(ST)は、脳卒中や頭部外傷による失語症、構音障害の患者様を主な対象として、個々の患者様に応じた各種検査(標準失語症検査、構音検査、コース立方体組み合せテスト等)を実施し、コミュニケーション能力の向上を目指して訓練を行っています。
また、摂食・嚥下障害の患者様に対しては、NST(Nutrition Support Team:栄養サポートチーム)と連携し、必要に応じて嚥下造影検査を実施しています。安全に口から食べられることを目標に、主に病棟で嚥下訓練を行って おり患者様の嚥下能力に適した食形態の選択や食事介助の方法など、患者様やご家族の方に対して指導、援助を行っています。

STスタッフ

言語聴覚士野村裕子

言語聴覚士
野村裕子


言語聴覚療法室

言語聴覚療法室

主に失語症や構音障害の患者様に対して、個別に訓練を行っています。必要に応じてご家族の方にも同席していただいて、コミュニケーション方法の指導、援助を行っています。

病棟

病棟

摂食・嚥下障害の患者様に対して、病棟等で嚥下訓練や嚥下能力に応じた食形態の選択、食事介助の方法等をご家族の方にも同席していただき安全に食べられるように指導、援助を行っています。