独立行政法人労働者健康安全機構 愛媛労災病院

Japan Council for Quality Health Care
日本医療機能評価機構認定病院
臨床研修指定病院・愛媛県がん診療連携推進病院

形成外科

トップページ » 診療科・部門紹介 » 形成外科

  • 診療について

担当医表

時間帯

新患
受付 11時迄
Z望 Z望 Z望

認定施設等の資格

日本形成外科学会専門医認定施設

診療内容

形成外科は、他の診療科と異なり形態異常を扱う科です。形態異常については従来、「病気ではない」という認識がまかり通っていました。しかし、形態異常は精神的に大きな影響力を与えて積極的な社会への参加や、社会復帰を遅らせる要因となることがあります。逆に言えば形態を整えることにより精神的にも良好な状態へ導くことができる(形成外科=精神外科)と考えることが出来、この考えが最近になって、やっと市民権を得てきた様に思われます。このような考えの基に一般的な形成外科的な診療はもちろんのこと、労災病院としての使命である労働災害をはじめとする勤労者の治療にも力入れ、勤労者の早期社会復帰、QOLの向上をめざした医療を行っています。

診療科概要

腫瘍

ほくろ、粉瘤、脂肪腫、太田母斑等のあざ、その他

瘢痕

怪我や熱傷、手術による傷跡の修正、ひきつりの修正

顔面骨骨折

顔の骨の骨折の治療

顔面やその他の体表面の外傷

切り傷、擦り傷、熱傷

先天異常

顔面や指趾など

美容

高濃度ビタミンC点滴療法(25g)、プラセンタ(ラエンネック)注射

陥入爪、巻爪

弾性ワイヤー、巻き爪用クリップによる巻き爪矯正

その他

褥瘡(床ずれ)刺青、加齢による眼瞼下垂症、内反症等々

具体事例

  • 患者数、手術件数等:年間、新患総数約1000名以上、手術総件数は約700症例以上。
  • 治療用機器:
    1. Qスイッチルビーレーザー:東予地区では当科にのみ導入されており太田母斑などの病変の治療に効果を発揮しています。
    2. 超音波手術噐:わきがの治療用に導入し好成績を挙げています。
    3. IPL(光治療器):しみ・そばかすの治療、肌質改善、脱毛(腋窩のみ)に効果を発揮しています。

診療スタッフ

黒住 望 氏名 黒住 望
役職 形成外科部長
専門 形成外科
学会等 日本形成外科学会皮膚腫瘍外科指導専門医
日本形成外科学会専門医
日本形成外科学会
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本褥瘡学会
日本職業・災害医学会