独立行政法人労働者健康安全機構 愛媛労災病院

Japan Council for Quality Health Care
日本医療機能評価機構認定病院
臨床研修指定病院・愛媛県がん診療連携推進病院

臨床工学部

トップページ » 診療科・部門紹介 » 臨床工学部

臨床工学部の理念

医療機器のスペシャリストとして安全で信頼できる医療の提供

臨床工学技士とは

臨床工学技士とは、医師の指示の下に、呼吸・循環・代謝に関わる生命維持管理装置の操作及び保守点検を行うことを業とする医療機器の専門医療職種であります。現代医療において各種医療機器がめざましい進歩を遂げるなか、医学と工学の知識を併せ持つ臨床工学技士は医療機器の安全確保と有効性維持の担い手としてチーム医療に貢献しています。

業務内容

臨床支援

血液浄化関連業務

血液透析(HD)、血液透析濾過(HDF)、持続的血液透析濾過(CHDF)、血液吸着(DHP)、血漿吸着(PA)、エンドトキシン吸着(PMX)、単純血漿交換(PE)、二重濾過血漿交換(DFPP)、腹水濾過濃縮再静注法(CART)などを実施しています。

血液透析(HD)

血液透析(HD)

循環器関連業務

心臓カテーテル検査・治療、ペースメーカー植込み術、心臓電気生理学的検査、カテーテルアブレーション、IVUS(血管内超音波診断装置)、OCT(近赤外線干渉式血管内診断装置)IABP(大動脈バルーンポンピング)等の操作を行っています。循環器科外来では定期的にペースメーカー植込み患者さんのチェックを行っています。

心臓カテーテル検査

心臓カテーテル検査

呼吸器関連業務

人工呼吸器(在宅人工呼吸器含む)やマスクの選択等、病棟ラウンド点検を行っています。また睡眠時無呼吸症候群の治療の補助も行っています。

手術室業務

手術中の自己血回収装置の操作を行っています。

医療機器管理

保守点検業務

院内で使用される医療機器(輸液ポンプ、シリンジポンプ、低圧持続吸引器、人工呼吸器)を中央管理して保守点検・修理・貸出を行っています。また、各部署に設置されている医療機器(血液浄化装置、除細動器、閉鎖式保育器)も定期的に保守点検を行っています。

輸液ポンプ

輸液ポンプ

医療機器研修会

看護師さんへ医療機器の安全教育・研修を適宜行っています。